アイスマ八千代での修理実績・最新のiPhone情報・お役立ち豆知識など、アイスマ専属スタッフが更新!気に入った情報がありましたら、SNSでシェアお願いします!

iPhoneの雑学【思わず唸る!便利?な機能

12月11日からイオンモール八千代緑が丘に移転致した!

276-0049
千葉県八千代市緑が丘2-1-3イオンモール八千代緑が丘4F
047-481-8635(イオン内店舗)
047-779-9366(本社)
090-3203-8875(小野直通電話)
どちらの電話もご利用いただけます。

業務内容・修理担当は今まで通り行います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

知らなくてもいい機能

iPhoneって色々な機能がありますが実際には使わない機能がたくさんありますよね!
今回は『これ知ってますか?』という機能です。使える人は使えるかもしれない?
便利?な機能をご紹介したいと思います。基本的な通話やメールの他にもいろいろな機能が多く搭載されています。文字を入力したりサイトのデータを簡単にダウンロードすることができる裏ワザがあるので、これらを知っておけば効率良く作業をすることもできます。

文字入力編!

テキスト引用術

テキストを入力したりWebサイト上から引用をしたい場合、パソコンであればマウスを使って文字列を選択して「コピー&ペースト」機能で貼り付ける方法があります。アイフォンであれば、テキストを長押しでタッチしたまま動かくすことで範囲をドラッグ(文字に青い背景が出てきて選択することができます。)することができ「コピー」の操作ができるようになっています。また、テキストフィールドの文字列を選択したい先頭部分で長押しするとテキストをドラックができるので、その後、テキストの最後尾を選択する方法でも可能です。
この機能を使えば気になった記事のテキストなどをメモ帳などに書き込みをしておくことができるのでとても便利です。

※コピーしたテキストなどを無断で転載などをしてしまうと、著作権法などに触れてしまう場合がございます。無断転載などはやめましょう!また、サイトによってはコピーの機能を制限しているサイトもございます。歌詞を載せているようなサイトなどでは使うことができないことが多いので注意して下さい。その場合は、スクリーンショットなどを使うとよいでしょう。

スクリーンショット

テキストデータなどをコピーできない場合、画像として残しておくことが出来るスクリーンショットがおすすめです。
スクリーンショットは現在表示されている画面をそのまま画像データにすることができます。

やり方は、iPhone8 以前の機種は、ホームボタンと電源ボタンを同時に押します。
iPhoneX 以降の機種は音量のプラスボタンと電源ボタンの同時押しで可能です。
テキストデータなどをコピーできなかったり、急いでいるような状況の時に重宝する機能だと思います。

×ボタンを使わなくても取り消しができる?!

スマートフォンやタブレット端末でテキストを入力する際に間違えたら、「×」ボタンを押して文字を消します。iOSであれば iPhone 本体をシェイク(振る)すると「取り消す」という表示が出てきて、直前の操作をキャンセルできます。文字入力の途中でシェイクすれば、直前に入力した文字を消すことが可能です。

 

※もしも振りすぎてアイフォンを落としてしまっても大丈夫!
そんな時は八千代台駅 徒歩30秒 スマホ修理のアイスマ八千代支店にご相談ください!

この機能を使えば iPhone 上級者?!

画面に触れなくてもコントロールできる?!

一般的にスマートフォンを操作する場合には、通常はタッチパネルに触れたり本体を動かす必要があります。
実は iPhone は本体に触れずに操作をすることができる裏ワザが用意されています。
とっても魅力的な機能に見えますが、これが結構じゃじゃ馬なのです…

例えば「頭を左に動かしてブラウザを起動」などのように、 iPhone にジェスチャーをして操作をすることができます。

「スイッチコントロール」の使い方は

「設定」

「一般」

「アクセシビリティー」

「スイッチコントロール」

スイッチマークをONにしてから

「新しいスイッチを追加」

「カメラ」

入力方法で選んだジェスチャをした時に行われる動作の指定すれば設定作業が完了です。

この方法で頻繁に使う操作を登録しておけば、以後は画面に触れずに簡単に操作をすることができます。(現在は首を左右に振るの二択です。)大げさな動作でないと認識をしないこともあるので、首を鍛えたい方にお勧めな機能になります。また、反対に意図しないときに作動してしまう誤動作も増えてしまうのでデメリットの方が多いようにも思えます。が、手が濡れている時に操作をしたい場合やタッチパネルを汚したくない方には意外と使えるかもしれない?機能です。




※首を振りすぎて頸椎を痛めてしまっても当店では修理ができませんので、お近くの整形外科までご相談ください。

片手でできる便利な操作

最近は iPhone のディスプレイが大型化されて見やすくなりましたが、片手で持って操作をし難く感じる人も少なくありません。iPhone6以降であれば、アイコンが下の方に移動して片手で操作ができる便利な機能が搭載されています。ホームボタンを2回連続してタッチすれば、画面の上の方に表示されていたアイコンが下の方に移動します。これにより、片手でもアイコンをタップすることできるようになります。元に戻したい時は、アイコン以外の部分をどこでも良いのでタップするだけです。

イヤホンだって便利なアイテム!

最近はスマートフォンを、デジタルカメラのかわりに利用している人も少なくありません。スマートフォンで写真を撮影する場合には本体に触れてシャッターボタンを押す必要があり、しっかり構えていないと手ブレの原因になってしまいます。このような場合には、本体を置いてイヤホンを操作してシャッターボタンを操作すると便利です。iOSにはデフォルトのイヤホンを利用してシャッターボタンを押す機能が搭載されていて、特別な設定をしなくても簡単に操作をすることができます。最初にイヤホンを挿入した状態で、標準のカメラアプリを起動しましょう。イヤホンの音量ボタンを押すと、カメラのシャッターが作動して写真を撮影することができます。夜景や花火を撮影する際に露光時間を長くする場合や、運転免許証などの書類を撮影する場合にこの機能を活用しましょう。

模様替えや引っ越しにも役立つ便利機能!

2018年9月にiOS12がリリースされて、新しい機能が利用できるようになりました。追加された機能には、「計測アプリ」があります。これは、カメラで撮影した被写体の大きさを(数十cm程度)測定して表示してくれるものです。使い方は、「計測」のアイコンをタップしてアプリを起動します。カメラが起動するので、測定したい物体(数十cm程度離れた距離)を撮影し、アプリに物体を認識させます。例えば四角い箱であれば「矩形」として認識され、物体の映像に点線が表示されます。物体が認識されたら縦と横の長さがcm単位で表示され、大きさを知ることができます。ミリ単位で精密に計測をすることはできないのですが、cm単位であれば問題ありません。

iPhoneの無料相談!電話で相談できる!

アイスマなら!iPhoneの困ったに無料相談を受付しております。iPhoneの状態により、最適な提案が出来るように取り組んでおります。
時と場合によって、アップルの正規の修理、キャリアの修理、当店の修理、中古端末の買い替え、機種変更など選択肢がある状態で一番お得な方法を見つけるのは難しいものです。特にキャリアに相談しても、アップルに行ってください!で待たされて、それだけ?と思ってしまったお客様も多いかと思います。お気軽にご相談いただければと思います。

修理実績をもっと見たい場合はこちらのホームページにもござます。

当店10,000件以上の修理実績で、安心の技術と、保証で多くのお客様に選ればれております。

千葉県八千代市(八千代緑が丘、八千代中央、米本、八千代台、村上、勝田台)佐倉市(ユーカリが丘、志津、上高野、寺崎)習志野市(習志野台、津田沼、大久保、実籾)、鎌ヶ谷市、船橋市(坪井、船橋日大前、北習志野、東海神、高根木戸、飯山満)四街道市、印西市、白井市、花見川区、我孫子、柏、松戸と沢山の地域からご利用いただいております。

タイトルとURLをコピーしました